Rose Grapher

アクリル絵の具で様々な絵を描いています。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その5・イシャロちゃん

犬の肖像画

さてさて、お次はイシャロちゃんです。

早くに申し込んで頂いていたのに、大変お待たせしました。

私のプライベートな事ですが、父の入院やらその後の葬儀やら、なにやらかにやら、絶望的に混乱していました。申し訳ありませんでした。 (*・ω・)*_ _))ペコリン

さて、イシャロちゃんは、繁殖に利用されていた犬生でした。そんなイシャロちゃんに注がれたママの愛を感じて、涙が止まらなかったわんこさんです。

了承を頂いて、転載させていただきます。

「我が家に来た時、尻尾はダラリと下がったまま、頭も下に落ちたままでした。
その格好でヨタヨタと歩いていたのを今でもはっきり憶えています。
どうして良いのか分からずに始めた預かりボラでしたが、できるだけ外の空気を
吸わせてあげたくて、桜舞い散る中を洗足池公園まで自転車で運び、地 面の上
を歩かせました。
イシャロも匂いを嗅ぎながらヨタヨタと歩いていました。
それが唯一の遠出でした。

彼女が何を喜んでくれたのか、何を望んでいたのか、今でも良く分かりません。
脳神経系の発作のような症状と、心臓発作、下痢など、常に病院へ通う日々でし
たので、一般的な楽しい想い出は本当に少ないのです。
それでも、見えない黒目が私の姿を追い、ラバーマットを敷いた廊下の上をヨタヨタと近寄って来て、私と一緒に眠り、腕の中で鼻息をもらし・・・ と、そのような些細な日常全てが彼女との良き想い出でした。
そんな毎日が過ぎて1年経ったある日、イシャロが尾を地面と水平にあげてブン
ブン振ってくれたのを今でもはっきり憶えています。2013年3月1 日でした。翌2日も振ってくれました。本当に嬉しかったのです。
これでイシャロも元気になるのではと思ったのも束の間、心臓発作が起こり、後
は下降線でした。」 慈愛に満ちた暖かさと、深い悲しみの気持ちが感じられて、何度読んでも涙がこぼれます。

とても可愛いイシャロちゃん

美人さんだったと思いますよね。


満足いただける絵が描けるのか?と思う気持ちと、絶対に幸せなイシャロちゃんを描きたいという気持が混ざります。


こちらを見つめる目に、確かな意思を感じました。

穏やかで、優しい美人のキャバリア。だから余計に辛い目にあっちゃったんだね。

でもこの写真からは幸せな気持が伝わります。ママからは、桜の舞う中を走らせてあげたい、というご希望がありました。走るというよりは歩いているけれど・・桜の花びらと、クローバーが茂る小径を楽しみながら 歩いてもらおうと思いました。



いかがでしょうか?

気に入っていただけると良いな。 ここのところ、私の環境がとてもキツくて・・息抜きと気分転換に、京都へ行ってきました。新緑が綺麗で、ひとけのない寺社に居ると心が洗われました。 行って良かった。 苔寺です。 西本願寺の唐門。

留守番させてるロビンとモネを思い出しちゃった唐門。

キャバリアって、こんな感じの獅子たちに似てますよね。

さて次は、ララちゃんです。 。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。 追記です。 「本日、画が届きました。 ありがとうございました。 そうです、私がもう一度見たかったのは 画の中にあるイシャロの目です。 あの穏やかな目でいつも、認知症の父に振り回されていた私に 「大丈夫」と話しかけてくれていました。 可愛いイシャロが、再び私の前に戻って来てくれて涙が出ました。 本当にありがとうございました。 感謝をこめて・・・」 ありがたくて、うれしいお言葉をいただきました。 私が、キャバリアレスキュー隊のボランティアとして絵が描けるのも、こんな風に言ってくださる皆様のおかげだと改めて思いました。 こちらこそ、感謝しています。
スポンサーサイト

プロフィール

Jun

Author:Jun
犬と花を愛する管理人。
(猫もいる笑)

依頼等連絡はこちら↓
(☆を@に変えてください)
wanko_rose☆yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。